【賃貸RHS】今すぐチェック!HPアクセスアップのための直帰率改善♪
今回のお題は・・・
アクセス解析を知ってお客様を得る!!『直帰率編』
です。
 
直帰率はアクセス解析の下記より確認頂けます。
 
 

 
直帰率とは最初に開いたページ内で、
どこのコンテンツもクリックせずに帰ってしまった数の割合のことです。
この値が低い程、ユーザーがそのページ・サイトに対して関心が高いという事になります。
※割合が低い程、直帰をしていないということです。
 
 
トップページからの流入数が多いが、直帰率が高い!という場合・・・
お客様の興味を引くことが出来ていない構成になっていることが考えられます。
 
ちなみに上手くいっている会社様のトップページ直帰率は30%以下が多いです。
 
何度かお話させて頂いているように、
『トップページ』は会社の顔であり、お店でいうと店頭です!
いかにトップページでお客様の興味を引くかがポイントになってくるのです。
 
【こんなHPは直帰率が高くなりやすい例】
 
・店頭に並んでいる『目玉商品=オススメ物件』は本当にユーザーが求めているものになっていますか?
 
・トップに出している物件が各種別の相場価格帯よりも高い物件になっていませんか?
 
・人気の駅・エリア以外の物件しか載せていませんか?
 
・何度も何度もリピーターとして戻ってきてもらえるような更新を行っていますか?
→トップ上部にインフォメーションを出しているのに更新が1ヶ月以上放置されていませんか?
 
・御社の強みはTOPページに表現されていますか?

etc...
 
※物件を探している人は『このサイトに自分が求めている物件があるかな?』という
期待感を持って検索結果に出てきた御社のHPをクリックします。
 
 
弊社付属のアクセス解析では様々なユーザーの動向を知る事ができるので、
是非、今後のWEB集客にお役だて頂ければと思います!
 
 
ここがポイント

アクセス解析を活用すれば、人気の価格帯や人気のエリアを知る事が出来るぞ!季節にもよってお客様のニーズは変わってくるので常にチェックするのじゃ!