【売買RHS】本当に見せたい物件がまさかの閲覧数ゼロ・・?「0PV物件」という機能を利用し、把握する方法についてお伝え!
今回のテーマは、
本当に見せたい物件が実は一回も閲覧されていない・・そんな悲しい事態にならないよう、
「0PV物件」という機能を利用し、把握する方法についてお伝えします。 

「アクセス解析」の分野別アクセス「0PV物件一覧」というボタンがあります。
このデータにより、選んだ月で一度も閲覧されていない物件を知ることができます。

レインズデータを取り込んだ物件なら一度も閲覧されていない物件等もありますが、
御社が売主の物件、売主様から預かっている物件や、
チラシ・現地販売を開催していたりと力を入れている物件が0PVなら、
それは以下のような要因が考えられます。

■0PVの理由とは?

・TOPページに配置していない
・よく検索される条件にマッチしていない
・写真が少ない、又はコメント等がなく「見てみたい」と思わせられていないためクリックされない
・相場より価格が高い、又は立地が問題(駅から遠い)


などが考えられます。

 
ここがポイント

お客様が見ているページを把握する 

まずは「アクセス解析」を対象の月に合わせ、
分野別アクセスの「0PV物件一覧」というボタンをクリックしてみましょう。

強化している物件や、露出を増やしたい物件が含まれている場合には、
TOPページや、又登録した際の条件など、改めて確認してみる必要があるかもしれません。




ただ更新するのではなく、お客様が本当に閲覧している物件は何か?逆に見ていない物件は何なのか?
正しく把握し、今後の更新に役立てていきましょう。